ドクター藤田の医療コラム 一覧

前のページに戻る

花粉症とドライアイ【ムチンとは?】

投稿日:2016年2月26日(金)

毎日の様に寒暖差が激しく、風邪を引かれている方も多いようです。今年はインフルエンザの流行時期が例年より遅い為、3種類のインフルエンザが同時期に流行し「トリプルインフルエンザ」という言葉がメディアでも放送されています。その為にインフルエンザの流行が長期化しているようです。大事な受験を前にした方々は大変な毎日を過ごされていると思います。
その上、更に『花粉の飛散』も始まり、風邪なのか花粉症なのか患者様方も医療従事者も迷っているのが現状だと思います。
毎年掲載していますが花粉情報満載の「花粉なう」をリンクさせて頂きますので花粉対策にご利用ください。

※是非、今回のコラムは最下段の写真まで観てくださいませ※

ここからが今回の本題になります。
昨今、ドライアイとアレルギー性結膜炎の併発が多く、軽度の炎症でも涙液の不安定化が起こり「ドライアイになってしまう」という報告もあります。
涙液の成分がしっかりしていないと、アレルギーの原因物質(花粉等)の侵入が容易になり、掻痒感(かゆみ)等の炎症症状が出ます。
また逆に「かゆいので掻いてしまう」事によっても炎症が起きてしまいます。
眼を強く擦るという行為は、外傷に等しいとお考え下さい。

涙にはムチン層という眼を守るために大事な組織があります。 ムチンとは「粘膜から分泌される粘液の主成分で,密度の濃い粘りをもち,粘膜を潤し,瞼の裏と眼の表面の摩擦を減らし保護するばかりでなく,細菌が侵入する事も防護」する成分です。最近はメディアでも頻繁に放送されている様です。
眼科領域では ムチン=涙液の中に含まれる眼の表面を守るネバネバ成分という事になります。
ムチンは食事でも摂取可能で、納豆・レンコン・ヤマイモ・サトイモ・オクラ・ナメコ・めかぶ等に多く含まれています。
ここ数年、そのムチンを増す作用や、防腐剤アレルギーの緩和、ソフトコンタクトレンズを着けたままでも点眼が可能な製剤(ドライアイ用薬・抗アレルギー薬、その他)も出て参りました。
然しながら、患者様の眼の炎症が強い場合や角膜の状態が悪いと判断した場合にはコンタクトレンズを一時中止した上での治療を奨めております。

私も最近はドライアイ気味の様で、レンコンを意識して多く摂る様にしています。50歳半ばまでドライアイにならなかったのは子供の頃から好き嫌いは激しかったものの、納豆、山芋、サトイモだけは大好きだった事が関係しているかもしれません。

※花粉症に関しての他の情報は当院ホームページ「クリニックからのお知らせ」の過去の記事等もご参考にして頂ければ幸いです。

 

【マスクは安全?】
皆様も目・鼻・喉には辛い日々が続いていると思います。外来に来られる患者様もマスクを装着されている方が多い傾向にあります。この時期には病院を受診される方はウイルスや細菌の感染予防に、花粉症の方が外出される際には花粉対策には必携と思います。
然しながらマスクも正しい使い方をしないとかえって危険である事を認識して頂きたいと考えます。
マスクの表側はウイルスや細菌、花粉だらけとお考え下さい!
「マスクの安易な取り外し」は、ウイルスや細菌、花粉を撒き散らすことになり、れらを吸い込むと、かえって感染症になり易かったり、花粉症も増悪させてしまう結果となる可能性もあるのです。
マスクを装着する事は予防の観点からすると大切な事ですが、一度着けたらマスクは頻繁に外さず、マスクの表側を手で安易に触る様な事は控えての使用が適切かと考えます。特に帰宅後の「マスクを外した後の手洗い、うがい」は大事と考えます。

追記:今回のコラムではイラストも無く寂しい感じがしましたので、先日、バレンタインデイの前日にも拘わらず、昨年に引き続き、医学部時代の外科&ラグビー部の同窓会の2次会にお邪魔してきました。昨年は参加の無かった懐かしい先輩もいらしたので楽しく一献交わしてきました。ラグビーワールドカップ後のラグビーの人気の向上をみんなで喜び合いました。話題も尽きず、年甲斐もなく午前様になってしまいました。53歳~58歳のメンバーですが、科は違うものの、みんな生き生きとしていて元気で活躍中との事でした。その際に撮影した写真を掲載させて頂きます。この会合のメンバーが年々増えている事は嬉しい事です。私はどこに写っているか判りますか?

 

zeninsyugo

答えは向かって左から2番目が私です。診療中は前髪を上げていますが、プライベートでは写真の様なボサボサ頭で過ごしています。私を「右から3番目の先輩」と見間違ったスタッフもおりましたが、この先生は知る人ぞ知る、産婦人科の名医です!
詳細をお知りになりたい方はご質問ください。

初診・再診の前に必ずお読みください

医院情報

医院名
医療法人社団 幸乃会
みなみ野眼科クリニック
診療科目
眼科
診療内容
一般眼科・小児眼科・神経眼科・特殊眼科
電話番号
042-632-5888
042-632-5888

みなみ野眼科クリニック 診療受付時間

休診日
木曜・土曜午後・日曜・祝日
初診・再診の前に必ずお読みください
住所
〒192-0917
東京都八王子市西片倉3-1-21
第1みなみ野クリニックセンター2階
アクセス・駐車場案内はこちら

このページの先頭へ