ドクター藤田の医療コラム 一覧

前のページに戻る

新規導入 3次元光干渉断層計(OCT)の威力!(その1):緑内障

投稿日:2013年3月7日(木)

従来の眼底検査や眼底写真では、緑内障等によって網膜内層にある神経線維層等が薄くなっている範囲(視野欠損の可能性のある箇所)の判別は困難であり、視野検査に頼らざるを得ませんでした。OCTでは網膜の一部である神経線維層付近のみの厚みが測定でき、緑内障による障害範囲が明確に表示されます。

眼の水平断面図

クリックで拡大

fig1and2

正常眼ではその厚みがしっかりと保持され「緑」で表示されています。

一方、緑内障眼では視神経から網膜中心部に向かう神経線維層等が正常眼の厚みと比し薄くなり著名な「赤」で表示されております(正常眼データーベース)。

(注)結果の色が赤であれば必ず「緑内障」という訳ではありません。詳しくは受診時にご質問ください。

OCTでは、他にも様々な形で結果を解析できますが、みなみ野眼科クリニックでは患者様により判り易い解析結果を最短時間でプリントアウト出来る様に設定しております。受診された方には必要と判断した場合は他の解析結果も提示しております。
fig3

次回は黄班部疾患の解析結果を掲載予定です。

初診・再診の前に必ずお読みください

医院情報

医院名
医療法人社団 幸乃会
みなみ野眼科クリニック
診療科目
眼科
診療内容
一般眼科・小児眼科・神経眼科・特殊眼科
電話番号
042-632-5888
042-632-5888

みなみ野眼科クリニック 診療受付時間

休診日
木曜・土曜午後・日曜・祝日
初診・再診の前に必ずお読みください
住所
〒192-0917
東京都八王子市西片倉3-1-21
第1みなみ野クリニックセンター2階
アクセス・駐車場案内はこちら

このページの先頭へ