ドクター藤田の医療コラム 一覧

前のページに戻る

感動の再会・・・眼科医なら必ず知っている著名な先生方です!

投稿日:2013年6月17日(月)

6月15日(土)に東京都眼科医会定時代議員会に「南多摩代表」として出席して参りました。

東京都だけではなく、「日本眼科医会」の会長を筆頭に役員の方々による白熱した討論が3時間にわたって交わされ、
初出席の私は終始圧倒され気味でしたが「南多摩眼科医会」にとっては勿論、私自身にとりましても大変に有意義となる会合でした。そんな中で、今や著名人となられた先生方との感動の再会がありました!。

嬉しさの余り、お忙しい中にも無理やり撮らせて頂いた記念写真を下記に掲載させて頂きます(^_^;)。

お一人目は都眼科医会の常任理事を務めておられる福田敏雅先生です。北里大眼科の先輩で、網膜硝子体疾患に関しては、私の師匠です。『自分が勝手に思い込んでいるだけかもしれませんが(^_^;)・・・』。

福田先生のお父上は、あの有名な糖尿病性網膜症の「福田分類」を作られた福田雅俊先生です。

福田敏雅先生には主に糖尿病性網膜症や網膜静脈閉塞症に対する有効なレーザー治療方法:その疾患で視力低下を引き起こす原因となる「黄班浮腫(網膜の中心部のむくみ)」を、いかに引き起こさない様にレーザー治療を施行すべきか、又は「黄班浮腫」を引き起こした場合の対処法:等の「秘伝」を伝授して頂きました。私が入局した頃には福田先生は既に北里大学病院眼科においては非常勤となっておられ、東京女子医科大学糖尿病センター眼科をはじめ各地で御活躍されておりました。短い期間ではありましたが外来や手術室において、福田先生の下で勉強させて頂いた事は、その後の私の眼科医人生の中で最も貴重な経験として、今でも臨床に役立っていると思います。

然しながら、私が開業後に出不精となった事もあり、数年前に福田先生にOB会で久しぶりにお会いした際に「たまには眼科医会にも出席しろ!」と厳しいお顔でお叱りを頂き、その後も医会に参加する事が出来ずにいた為、福田先生に対する敷居がチョモランマの様に高くなっていました。その様な状況の為に御挨拶にも伺えず、同じ医局出身の三井義久先生(現:文京区眼科医会会長)を頼り切り、2人で端のテーブルで食事を取りながら話し込んでいました。その様な時に突然、福田先生がこちらに向かって来られるではありませんか!。そして・・・「おっ、北里出身者も会長や代議員になって会に来てくれるのは本当に嬉しいよ」とお言葉を頂戴し、胃の中にドスンと置かれていた「石」が一瞬にして流れ出た様な気持ちになりました。「これからは出来るだけ多くの会合に出席する様に努力致します」と心の中で思いながら、記念写真を撮らせて頂きました(^_^;)。

6171

▲(左)三井義久先生  (写真中央)福田敏雅先生

 

お二人目は日本眼科医会会長高野繁先生です!。 高野先生の周りには「当然」と言うほど黒山の人だかりが・・・。福田先生の件でスッカリ自信を取り戻した自分は「自分の事なんて覚えてないだろうなぁ」と思いながら無謀にも単身挨拶に向かい、「南多摩の藤田と申します」と名刺を差し出しました。高野先生は当初は「あっ、どうも」という感じで定型通りの御挨拶をして下さった後に、突然!!!、何かを思い出された様に、「おいっ!、ちょっと待てよ!。藤田って、あの藤田かよ!」と・・・。そうなんです。実は20年ほど前にちょっとした「ご縁」で高野先生とは面識があり、お酒の席を2~3度ご一緒させて頂きました。当時は若気の至りか勢い余って高野先生に絡みまくってしまいました。「嫌われたな~」と思っていた処に高野先生から突然、私自身生涯初めて(で今の処最後となっている)のゴルフコースへのお誘いが・・・。全くのゴルフ初心者の私を最終コースまでリタイヤ寸前になっても見捨てずに、最後まで優しく、怖いキャディーさんからも守って下され、無事ラウンドを終了させて頂いたという楽しい思い出があります。もっとも高野先生にゴルフに誘われてからの1週間は「打ちっぱなし」に通いまくりましたが・・・。まさにそれ以来の再会にも拘わらず、自分の事を覚えていて下さった上、連絡先の交換までして下さいました。20年前と少しも変わらず、とてもフレンドリーに接して下さり、「お前、少しは偉くなったのかよ?」と問いかけられた際には、「日本眼科医会会長より偉くはなれないっす」と答えるのが関の山でした(^_^;)。嬉しさ余って、またまたホテルの人に記念写真を撮って頂きました。

6172

▲日本眼科医会会長 高野繁先生と

やはり人間、外に出ないといけませんね!。クリニックに閉じこもらない様に大学時代を思い出し、初心に戻って、今後は幅広く活動できる様に頑張ろうと思います。

 

処で、皆様には「何故、こうも都合よく写真が撮れるのか?」との疑問があると思いますが、実は知り合いの美容師さんがブログを始めた時に、本人から「ブログを更新する為にラーメン屋に行く度に写真を撮ってUPしてるんだ」と聞いたので、自分も何かの際はと、HP開設後は眼科関係以外の外出時でもカメラを持ち歩くのが癖になってしまいました。

昨日もミっちゃん(三井義久先生)が「藤田先生に写真を撮られるとHPに掲載されますよ」と福田先生に告げ口?していました(^_^;)。 流石は情報通の三井先生です。当ホームページに2月25日付けで掲載しました「ドクター藤田の医療コラム:勉強会と祝賀会」において掲載した会合中の写真にまで、しっかりと目を通していた様です。

勿論、HPに掲載する旨は皆様ご本人の了解を必ず取っておりますので、今後、私と会う予定の方々も、その点はご安心の程を・・・(^_^;)。

 

最後になりますが、昨年度までは「社団法人東京都眼科医会」でしたが、今年度からは「公益社団法人東京都眼科医会」となりました。従いまして今回は記念すべき「第一回公益社団法人 東京都眼科医会 定時代議員会」になるという事でした。その記念すべき代議員会に出席させて頂いた事をとても光栄に思います。

初診・再診の前に必ずお読みください

医院情報

医院名
医療法人社団 幸乃会
みなみ野眼科クリニック
診療科目
眼科
診療内容
一般眼科・小児眼科・神経眼科・特殊眼科
電話番号
042-632-5888
042-632-5888

みなみ野眼科クリニック 診療受付時間

休診日
木曜・土曜午後・日曜・祝日
初診・再診の前に必ずお読みください
住所
〒192-0917
東京都八王子市西片倉3-1-21
第1みなみ野クリニックセンター2階
アクセス・駐車場案内はこちら

このページの先頭へ