眼科設備について

みなみ野眼科クリニックの治療設備をご紹介いたします。
2013年1月に、緑内障や黄斑変性初期、他の黄斑疾患の病態も正確に把握できる NIDEK社製では現時点において最新鋭、最高基準のOCT(3次元光干渉断層計:RS-3000Advance!)を導入し、 患者様の目の不安(特に緑内障 の家族歴をお持ちの方など)を解消するお手伝いをさせて頂きます。

OCT(3次元光干渉断層計)

眼底のCTの様なものです。緑内障や黄斑変性初期、他の黄斑疾患の病態も正確に把握できる眼科医療機器です。

みなみ野眼科クリニックでは2013年1月時点で、NIDEK社製では最新鋭・最高基準で最も解像度の高い機種(NIDEK社製RS-3000Advance!)を導入しました。 同型基準の中でも解像度が格段に高く、日々進化する新型医療機器ですが更なるバージョンアップにも簡単に対応可能な機種です。

新しい解析表示として網膜神経線維層の厚みの測定も可能で、緑内障の早期診断や微細な神経の障害部位の進行状態等も画像で患者様にお見せする事が可能です。

詳細は「当院で可能な特殊検査・治療」のページをご覧ください。

OCT(3次元光干渉断層計) OCT(3次元光干渉断層計)

光凝固装置(レーザー装置)

網膜裂孔・軽度の網膜剥離・糖尿病性網膜症・緑内障 等に対するレーザー治療を行う機械です。
痛みも少なく、短時間で治療可能です。当院では開業以来、既に1000例以上の実績があります。

みなみ野眼科クリニック開業後にレーザー治療を施行させて頂きました患者様方の対象年齢は12歳から87歳の患者様です。 その年齢でも施行可能という事です!。流石に12歳の網膜裂孔の患者様には当院からご家族に大学病院でのセカンドオピニオンをお奨めし、 大学病院を受診して頂き、他の眼科医の意見を聞いて頂いた上で再来頂き当院にて施行させて頂きました。 点眼麻酔のみで施行可能で、施行後は眼帯などもせずに御帰宅頂けます。

光凝固装置(レーザー装置)

視野計(ゴールドマン視野計・自動視野計)

みなみ野眼科クリニックでは2種類の視野検査機器を用いる事により、全ての視野検査異常を引き起こす疾患に対応可能です。

視野計

[(1)ゴールドマン視野計 (2)自動視野計]

みなみ野眼科クリニックではゴールドマン視野計(写真上)と自動視野計(写真下)という2種類の視野検査機器を取り入れております。

ゴールドマン視野検査は光の指標を熟練した視能訓練士(ORT)自身が手動で動かして行う視野検査です。自動視野計より広範囲の視野を調べる事が出来ますので、視野異常を起こす全ての疾患に対応しております(対象疾患は下記記載)。

コンピューターを用いた自動視野計が苦手な方もゴールドマン視野検査はお休みを取りながら、楽に検査が可能です。検査中にお疲れになられました際には、お気軽に担当の視能訓練士(ORT)にお申し出ください。

下記に2つの視野計の利点・欠点、対象疾患を記載させて頂きます。

視野計(ゴールドマン視野計・自動視野計)) 視野計(ゴールドマン視野計・自動視野計))

1)利点・欠点

ゴールドマン視野計は視能訓練士が視野の指標を動かし、患者様とコミュニケーションを取りながら行える検査ですので、 小児やご高齢者の方にも楽に検査を受けて頂く事が出来ます。更に全ての視野異常を来たす疾患に有用な検査です。
これに対し、自動視野計は緑内障のごく早期や、微細な変化の判定には有用ですが、コンピューターが指標を出し続ける為、 小児やご高齢者の患者様には難しい場合があります。

【ゴールドマン視野計対象疾患】
全ての視野異常を起こす疾患の代表例として下記のような疾患がございます。
(1) 脳梗塞・脳出血・脳腫瘍などの脳内疾患による視野欠損(同名半盲・両耳側半盲 等)の判定。逆に、この検査によって視野異常が初めて発見され、脳外科や当院関連病院に画像依頼をする事により、脳梗塞・脳腫瘍等が発見される事もあります。
(2) お子様や思春期に多い心因性視神経症(病気は無いが矯正視力が充分に得られない心の疾患)はゴールドマン視野検査でしか確定診断が付かず、「らせん状視野」「求心性視野狭窄」という特殊な視野異常を起こします。
(3) 緑内障の進行例。(広範囲な視野異常を伴うため、自動視野計では判らない視野欠損の全体像を把握可能です。)
(4) 網膜色素変性症(特に網膜色素変性症に関してはゴールドマン視野検査は必須です。)

【自動視野計対象疾患】
緑内障のスクリーニング・緑内障早期の視野欠損の把握・黄斑疾患・視神経炎等

非接触型手持ちスリット

直接患者様に触れず眼球の前方の病気を(角膜・結膜・水晶体)を拡大して観察する事が可能です。 大人は勿論、固定式顕微鏡に顔を付けられない乳幼児や車いすの方の診察にも有用です。 また非接触型ですので、結膜炎等の感染性疾患の急性期等にも接触による感染を懸念せずに診察する事も可能です。

非接触型手持ちスリット

斜視検査機器(大型弱視鏡・角プリズム・プリズムバー・ステレオテスト)

斜視検査の中でも特に大型弱視鏡は斜視検査には欠かせない大事な眼科機器です!。
近くを見る際の眼の位置ズレ・角度・両眼視機能はプリズムやステレオテスト(TST・TNO)で充分に検査が出来ますが、遠くを観た時の眼の位置ズレ・角度・両眼視機能は大型弱視鏡でなければ正確に測定できません。また斜視の機能訓練にもなる検査です。当院では経験を重ねた視能訓練士(ORT)が担当しております。
遠くを見た時の両眼視機能の程度が斜視手術の適応の決定には欠かせません。従いまして大型弱視鏡は特に小児の斜視検査に関しては必須の眼科機器となります!。
また小児に限らず、大人の斜視・斜位等の眼位異常の方の眼鏡に加入必要なプリズムの度数も精密に測定する事が出来ます。
大型弱視鏡は早ければ3~4歳からでも検査可能です。医師や視能訓練士(ORT)にご相談ください。

大型弱視鏡

色覚検査

当院では東京医大式、石原式という二つの色覚検査表を用意し、色覚異常の分類と程度が判定可能です。
また、新たにパネルD-15を用いた、より詳細な色覚検査も可能となりました。

色覚検査表

【NEW】パネルD-15 色覚検査(2016年5月導入)

パネルD-15
※パネルD-15を使用する事によって更に詳細な色覚検査が可能になります。

★パネルD-15使用の色覚検査と就職活動に関して★
(1)厳密な制限がある職業: パイロット・航空管制官・航海士・海上保安官・ 鉄道運転士・警察官・自衛官・消防官など
(2)異困難を生じやすい業務: 鉄道運転士・映像機器の色調整・印刷物の インク調整や色校正・染色業・塗装業・滴定実験など

■検査方法
左端の固定されているパイロットキャップ以外を取り出してばらばらにしてください。
キャップの表面を触らないように注意してください。
まず、パイロットキャップの隣にばらばらのキャップの中から最も色の近いキャップを置きます。次はこのキャップに最も色が近いキャップを探し出して置きます。これを繰り返して順番に色を並べていきます。
ケースのふたを閉めて、慎重に裏返し、ケースのふたを開けるとキャップの裏面の数字が見えます。マニュアルに記載されているチャートをコピーしておき、この数字をパイロットキャップのほうから順にプロットすることで色覚異状を検査できます。

眼底写真撮影装置

デジタルカメラでポラロイド式を採用している為、その場で患者様に結果を説明する事が可能です。

眼底写真撮影装置

オートクレーブ(眼科器具滅菌消毒器)

医学的には当然の事ですが、みなみ野眼科クリニックでは眼科的簡易手術に用いる霰粒腫切開セットや結膜・角膜異物除去・睫毛抜去(逆さまつ毛の抜去)に 使用する攝子類も一人一人の患者様に使用した後に手術器具類と同じ扱いでオートクレーブにて完全滅菌した上で使用しております。

オートクレーブ(眼科器具滅菌消毒器)

屈折角膜曲率半径測定器/非接触型眼圧測定器

患者様の近視・遠視・乱視の度数や、角膜の形状(黒目の表面のカーブの度合い)を測定できます。この値を参考にコンタクトレンズのカーブを選択します。また「円錐角膜」等の病的乱視の診断や進行具合の評価も可能です。
一つの機械で接触無しで眼の検査では重要となる眼圧を測定する事も出来ます。当院では2台設置しております。

屈折角膜曲率半径測定器/非接触型眼圧測定器

レンズメーター(眼鏡の度数測定装置)

患者様のお手持ちの眼鏡度数の測定が可能で、適正レンズであるか否かの判断が出来ます。 また近年、話題になっている角膜や黄斑部を紫外線から守る為の「紫外線カット率」の測定も可能です。 詳しくはスタッフにお尋ね下さい。

レンズメーター(眼鏡の度数測定装置)

処置用ベッド

眼科的手術に用いる事も可能で、自動リクライニング方式で患者様が楽な姿勢を保持来るように、高さや、傾き等の微調整も可能です。

処置用ベッド

視力検査室

写真は視力検査風景です。
診療案内」の待合室の項目でもご案内させて頂いております通り、眼科内には空気中のウイルス(インフルエンザ等)による院内感染予防・花粉除去等の為、 高性能の空気清浄装置(エアロサービス社製 エアロシステムAR-35M)を設置しております。

視力検査風景
初診・再診の前に必ずお読みください

医院情報

医院名
医療法人社団 幸乃会
みなみ野眼科クリニック
診療科目
眼科
診療内容
一般眼科・小児眼科・神経眼科・特殊眼科
電話番号
042-632-5888
042-632-5888

みなみ野眼科クリニック 診療受付時間

休診日
木曜・土曜午後・日曜・祝日
初診・再診の前に必ずお読みください
住所
〒192-0917
東京都八王子市西片倉3-1-21
第1みなみ野クリニックセンター2階
アクセス・駐車場案内はこちら
 
採用情報

このページの先頭へ