ドクター藤田の医療コラム 一覧

前のページに戻る

※痛い雪目にご用心※

投稿日:2018年2月1日(木)

1月22日に八王子にも4年ぶりの大雪、積雪がありました。
明日以降も雪の予報です。今年は今後も降雪が多い事が予想されます。

俗に「雪目」と呼ばれる眼の疾患を御存じでしょうか?
正式には「紫外線性角膜炎」「雪眼炎」とも言われています。

冬も紫外線は強く、更に積雪があると紫外線が雪に反射し目に障害を起こしやすくなります。

晴れた日にスキーをした後や、雪掻きをした後に、数時間を経てから突然の「眩しさ」「眼の痛み」「充血」「流涙」等の症状で始まります。
翌朝起床時に突然の眼の痛みで発症する事もあります。
紫外線によって角膜(黒目)が火傷をおこした様になり点状表層角膜炎を引き起こします。酷ければ「角膜びらん」「角膜潰瘍」を起こす事もあります。

 

予防としては積雪のある晴れた日には・・・

(1)長時間、空を見上げない。

(2)サングラスやゴーグルを装着する

(3)つば付きの帽子の着用や日傘の使用・・・・等をお薦めします。

当院にも雪目の患者様がご来院されています。
やはり長時間の雪掻き後の眼の痛み、スキーに行った翌日からの眼の痛み、充血等の症状で来院されます。
雪目を疑った場合の応急処置としては「保冷材等で眼(瞼)を冷やす」「ドライアイ用の目薬の点眼」等が有効と思われます。
注意点としては眼に違和感が出た際には「絶対に眼を擦らない」事です!

 

目の痛みが取れない場合には速やかな眼科受診をお薦めします。
重症例では二次感染を起こし、角膜潰瘍になる場合もあります。

 

治療は抗生剤点眼、角膜表面保護剤、抗炎症剤等の点眼薬投与になります。痛みが激しい場合には抗生剤眼軟膏をたっぷりと眼の中に入れて、瞼の裏と角膜の摩擦を防ぐ方法も必要になります。経過が良ければ数日で回復します。

 

明日からまた雪の予報です。皆様も通勤・通学等、多々ご心配だと思います。
皆様、凍結による交通事故・転倒による怪我にはくれぐれもご注意ください。また晴天の日には眼を守る事もお忘れにならない様にお願い申し上げます。

 

 

追記:1月後半より花粉症の患者様もご来院されております。

毎年花粉症の方は予防的に早目の御受診をお勧めいたします。

 

平成30年2月1日 みなみ野眼科クリニック

 

 

 

初診・再診の前に必ずお読みください

医院情報

医院名
医療法人社団 幸乃会
みなみ野眼科クリニック
診療科目
眼科
診療内容
一般眼科・小児眼科・神経眼科・特殊眼科
電話番号
042-632-5888
042-632-5888

みなみ野眼科クリニック 診療受付時間

休診日
木曜・土曜午後・日曜・祝日
初診・再診の前に必ずお読みください
住所
〒192-0917
東京都八王子市西片倉3-1-21
第1みなみ野クリニックセンター2階
アクセス・駐車場案内はこちら

このページの先頭へ